3日10GB制限?WiMAXは本当に”使い放題”なのか『仕組みと解除方法』

3日間で10GB制限!WiMAX本当に使い放題なのか
パートの合間に書いてます♪ シェアしてくれるとやる気が出ます↓

WiMAXの魅力と言えば「使い放題」という点でしょう。

ポケットWiFiなどでが「月20GB /30GB /50GB」と月の容量が決まったプランになっているのに対して、WiMAXは「使い放題」の無制限なのは安心ですよね。

WiMAXはどのプロバイダで契約しても、同じく「使い放題」で利用できます。

ただし…

使い放題=無制限ではないので注意!3日間10GB制限が存在する

WiMAX=使い放題とは言え、「完全な無制限」という訳ではありません。

というのもWiMAXには「3日間制限」というものがあり、直近の3日間で10GB以上を使うと、約1Mbps程度の通信速度制限になるからです。

WiMAXの大元『UQ WiMAX』でも、この『3日間制限』について公式ページで以下のように「3日間で10GB以上の通信をすると約1Mbpsの速度制限になる」事を説明しています↓

UQ WIMAXに記載されている「3日間で10GB以上ご利用の場合の速度制限について」

参考:WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について | UQ WIMAX公式

ちなみに「3日間10GB制限」は2017年2月から変更されたのですが、それ以前はなんと「3日間で3GB制限」だったんですよね。

なので2017年2月以前は、WiMAXの3日制限は今以上に死活問題でした。

以下はGMOとくとくBBのWiMAXページの切り抜きですが、以下のように「使い放題」の横に注釈で「料金プランに関わらず、混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。」と記載されていますね↓

WiMAXは使い放題ではあるが「3日間制限」は存在する

「3日間10GB制限」のルールと解除方法について

ちなみにこのWiMAXの制限ですが、細かいですが”3日間”の判定についても知っておいてください↓(実際に制限を食らった時のためにも)

「3日間」とはどこからどこまで?3日間の判定

「3日間で10GB」の”3日間”とは、文字通りその日の前の3日間の24時間×3日=72時間の通信量の合計です。

WiMAXの3日間10GB速度制限の判定

なので、例えば1日で10GB使った場合も、判定上速度制限になるのはその翌日からと言う事ですね。

「3日間で10GB以上」になっても速度制限されるのは18時頃~翌2時頃だけ

また仮に3日間で10GB以上を使って制限の判定になった場合でも、通信速度が約1Mbpsに制限されるのは「18時頃~翌2時頃」のゴールデンタイムの時間帯だけです。

上記の時間帯は特に多くの人が使って通信回線が混雑になる時間帯なので、その時間帯だけは1Mbpsまで速度ダウンします。(速度制限とは言え下り1Mnps出るので使えないレベルではないですけどね)

3日で10GB制限の解除方法:直近3日合計が10GB未満なら翌日解除に

「WiMAXおn3日間制限なう」という人が最も知りたいであろう、3日間10GB制限の解除方法は非常にシンプルです。

つまり、前記の通り「直近3日間の通信量の合計が10GB未満」であれば速度制限は解除されます。(その月ずっと制限が続くわけではないです)

例えば、例えば長期連休で、3日間毎日HuluやNetFlixなどの動画を家で見ていたとしましょう。今日速度制限になっていたとして、直近3日間のデータ通信量が以下のように「3GB」「3GB」「5GB」だったとします↓

「今日3日間制限になったら」の例

今日の直近3日間の合計は 3+3+5=11>10なので、当然今日の18時頃~翌2時頃は「速度制限」となります。

明日速度制限を解除したいなら、「明日」の直近3日間の合計=3+5+(今日)なので、明日速度制限を回避したいなら今日2GB未満にする必要があるという事になります。

なので、少なくとも速度制限になったと気が付いた当日には解除できないですし、1日で10GB以上使ってしまったら、その日から3日間は速度制限は解除できないという事ですね。

また、スマホの通信制限の「チャージ」のようなに、お金を払っての制限解除もできません。

3日間制限時の通信速度は1Mbpsなのでそこそこ速い

「速度制限」と聞くと、スマホの読み込みがほとんどストップしている「通信制限」を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、WiMAXの3日間10GBオーバー時の速度制限は意外とそこまで酷い制限ではありません。

というのも前記のUQ WiMAXの記載の通り、制限時の通信速度が「1Mbps」と意外と速いからです。

WiMAXの速度制限「1Mbps」あれば、YouTube標準画質も充分見れるレベルの速度

制限時の通信速度「1Mbps」と聞いてもピンとこない人も多いと思いますが、1Mbpsあれば以下の事ができます↓

制限速度1Mbpsでできる事

インターネットでのWeb閲覧やネットサーフィンは余裕
SNS(Twitterやインスタ、Facebook)も余裕
メールもLINEも余裕(LINE通話も勿論可能)
YouTubeなどの動画は標準画質ならセーフ

特に動画視聴や容量が大きいので、「YouTubeなら標準画質までなら読み込みストレスなしで視聴できる」くらい速度です。

ただし、WiMAXを複数の端末(家族数人で使っているとか)の場合には、全員で1Mbpsなのでかなり厳しいですね。「1人で使っていればそこそこ速いし大体のことができる」という事です。

ちなみに携帯会社の通信制限時は速度は128kbpsしか出ていなので、その8倍くらいの速度になります。”低速”というよりは”中速”くらいの通信速度ですね。(一般的な格安スマホと同じくらいです)

通信会社 制限時の通信速度
ドコモ/au/SoftBank 128 kbps (=0.128 Mbps)
WiMAXの3日間10GB超時 1 Mpbs

そもそも3日間で10GBの制限ってどのくらい使うとなるの?原因と対策

そもそもこの3日間で10GBと言う制限はどのくらいで到達してしまうものなのでしょうか。

通信容量を大きく使う主な原因は「動画視聴」と「大容量ファイルのダウンロード」の2つです。(他にもオンラインゲームなど、常時大きめの通信をする場合も3日10GBを超える可能性が高いです)

YOUTUBE_ロゴ

主要因の動画視聴の代名詞的な「YouTube」で考えると、「再生画質」と「10Gを使い切るまでの視聴時間」は以下のようになります↓

YouTube画質 5分辺りの通信量 10GBで視聴可能な時間
超高画質 約113MB 約7時間
高画質(HD) 約60MB 約13時間
標準画質(SD) 約17.5MB 約47時間
低画質 約10MB 約83時間

という事で、10GBで視聴可能な時間は画質によって大きく違っているのが分かると思います。

YouTube超高画質だと10GBを7時間で使い果たしますが、標準画質なら7倍近い時間が視聴可能なので全然違いますね。

なので、3日10GBをオーバーして速度制限で困っているならば、まずは動画視聴時の画質を見直してみてはいかがでしょうか。

「どうしても動画は高画質・最高画質で観たい!」という方は、制限覚悟で見てしまうというのも手です。(制限されてもゴールデンタイムだけ&制限速度も1Mbps出るので致命的なデメリットではない)

それも嫌であれば、完全に制限のない光回線を検討するのが良いでしょう。