意外と差がない?口座振替できるWiMAX3社の料金徹底比較『2019最新』

口座振替ができるWiMAXを徹底比較!料金と待ち時間の比較
パートの合間に書いてます♪ シェアしてくれるとやる気が出ます↓

「クレカ持ってないけど、口座振替(銀行引落)」で契約できるWiMAXはどこ?」
「口座振替可能なWiMAX、特典付かなかったりで最終的にどこが安いの?」

WiMAXはどこでも無制限高速通信が出来て便利なのですが、「クレジットカード支払いのみ」のプロバイダがほとんどです。

クレカを持っていないだけで肩身が狭いですが、2019年現在クレジットカード以外で支払えるWiMAXは以下の3社のみしかありません。

口座振替可なWiMAXプロバイダ3社

BIGLOBE WiMAX
Broad WiMAX
UQ WiMAX(本家)

多くの他サイトでもこれら3社の料金を比較して「●●が安い」とか「××は騙しだ」とか、いろんな意見があると思います。

しかし「頻繁に変わる特典の条件」や「細かい手数料」まで全てを合算すると実は口座振替可なWiMAXプロバイダ3社の料金はそんなに変わりません。

『2019年最新』口座振替で支払が可能なWiMAX3社の3年間の料金比較!そんなに差がない

前記の通り、2019年時点で「口座振替(銀行引き落とし)」に対応しているWiMAXプロバイダは以下の3社のみとなっています↓

ネット上でもこれらのWiMAXプロバイダの名前はよく目にするのではないでしょうか。

振込手数料などの細かい料金込での3年間の総支払額を徹底比較

上記の口座振替可能なWiMAXプロバイダ3社を「3年間使った時の私たちが支払う総額」を比較してみると以下の内訳になります↓

WiMAX
プロバイダ
BIGLOBE BroadWiMAX UQ WiMAX
契約年数 3年
契約プラン ギガ放題(使い放題プラン)
月額料金 初月 0円 2,994円の日割り 3,696円の日割り
1,2か月目 3,775円/月 2,944円/月 3,696円/月
3~12か月目 4,514円/月 3,684円/月 4,380円/月
13~24か月目 4,514円/月 3,684円/月 4,380円/月
25か月目~ 4,730円/月 4,332円/月 4,380円/月
キャッシュバック -15,000円 -(2019年に口座振替はCB対象外に)
初期費用 18,857円(口座振替だと初期費用がかかる)
口座振替手数料 7,200円(200円/回×36か月) 0円
端末代金 実質無料(4,800円だが、-200円/月×24か月割引で相殺) 0円 3,800円(最新機種W06時)
初期手数料 3,000円
3年間総支出 158,818円 167,977円 163,112円
月額平均 4,412円/月 4,666円/月 4,531円/月

3年間に掛かる全ての料金を足してみると、

口座振替対応WiMAX
(3年総額安い順)
3年間の総額 月額平均
BIGLOBE WiMAX 158,818 円 4,412 円/月
UQ WiMAX 163,112 円 4,531 円/月
broad WiMAX 167,977 円 4,666 円/月

上記のように、口座振替可能なWiMAXで契約期間の3年間の料金が最も安いのは『BIGLOBE WiMAX』という結果になりました。

とはいえいずれも3年間で16万円前後はかかるのが分かりますし、月額平均で考えても結果的には月額4,500円前後は掛かってしまいます。

月額料金2千円台を売りにしているBroad WiMAXは、意外にも口座振替時には本家UQ WiMAXよりも3年総額は高いという結果に。

※ちなみに料金面ではWiMAXよりも大容量ポケットWiFiの方が遥かに安いので、料金重視の方は以下のページが参考になるかもしれません↓

口座振替でWiMAXより2万円安い!NEXTモバイルが2年契約可で優秀♪

2019.08.03

口座振替時のWiMAX3社のデメリットと引落手数料(クレカ支払い時との比較)

というのも口座振替での支払いの場合、クレカ時の支払に比べて以下のデメリットが設定されているからなんです↓

WiMAX 口座振替時のデメリット 銀行引落手数料
BIGLOBE WiMAX 口座振替時はキャッシュバック特典が半減 200円/回
UQ WiMAX 口座振替時はキャッシュバック特典が付かない(2019年春~) 無料
Broad WiMAX 口座振替時はキャッシュバック特典が半減 200円/回

上記のように基本的に口座振替での支払いの場合、キャッシュバック特典は半減・消滅し、Broad WiMAXの場合はクレカ時に無料になっている18,857円の初期費用が掛かってしまいます。

また、UQ WiMAX以外の2社は、毎月の銀行口座からの引き落としの手数料が200円が掛かるので、3年間(36回分)で7,200円もクレカ支払い時に比べて高くつくのも無視できません。

なので、3社とも口座振替は可能なものの、クレカ支払い時と比べても1~2万円は出費が多くなるのが分かると思います。

料金だけじゃない!口座振替の手続きからWiMAXが使えるまではどれだけ早い?

単純に料金面でのWiMAXプロバイダの比較であれば、上記のような順番になるのですが、他にも「WiMAXルーターが使えるまでの時間」という観点でも比較が必要でしょう。

というのもWiMAXを口座振替で契約する場合、クレジットカード支払いでの契約と違ってWiMAXルーターが届くまでに時間がかかるからです。

WIMAXが使えるまでのスピードならUQ WiMAXがダントツNo1

「口座振替時のWiMAXルーターが届くまで(使えるまで)の早さ」なら3社の中ではUQ WiMAXが圧倒的にNo1です。

UQ WIMAXロゴ

WiMAXプロバイダ WiMAXルーターが届くまでの早さ
UQ WiMAX 3日前後
BIGLOBE WiMAX 10日前後
Broad WiMAX

UQ WiMAXは口座振替で申し込んだ場合、銀行口座情報をウェブ上で手続きでき、本人確認書類などを写メで撮ってUQ WiMAXのサイトにアップロードするだけなので早いですし簡単です。(格安スマホなどと同じですね)

対して他の2社(BIGLOBE WiMAXとBroad WiMAX)の場合、銀行口座の情報を郵送で送って引落口座を登録する形になるため、WiMAXルーターを発送するまでに時間がかかります。

なので、口座振替での支払いの場合「WiMAXを早く使いたい」を重視するなら、UQ WiMAXが早いのでお勧めです。

Broad WiMAXは店頭受取で即日WiMAXルーターが使える

ただしbroad WiMAXの場合「店頭受取」を利用すれば当日受取が可能なサービスを行っています↓

Broad WiMAXで即日WiMAXルーターが利用可能な「店頭受取」サービスをやっている(業界初)

特に口座振替時にも以下の店舗であれば即日受け取りが可能との事です↓

口座振替でも即日受取可なBroad WiMAX店舗

渋谷センター(詳細)
秋葉原センタ―(詳細)

と言う事で、東京の秋葉原と渋谷のみではありますが、口座振替時でもBroad WiMAXの「店舗受取」でWIMAXルーターの即日受け取りも可能となっています。(以下broad WiMAX公式ページの記載です↓)

口座振替でのお支払いで店舗受取をご希望の場合はお電話にて受け付けておりますがその際の対象店舗は渋谷センター・秋葉原センタ―のみとなります。お気軽にお問合せくださいませ。

 
※支払い方法:口座振替をご希望される方へ
端末をお渡しする前に店舗にて口座登録の手続きをさせていただきますので、銀行のキャッシュカードをご持参下さい。キャッシュカードを忘れてしまった場合、何らかの理由でキャッシュカードの手続きが失敗した場合は、端末のお渡しは致しかねますので、予めご了承ください。

事前に電話で受け取りの予約をして、銀行のキャッシュカードを持参して店舗に受け取りにいきましょう。

Broad WiMAXのお客様サポート窓口:050‐5212‐7322
 
(受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く))
参考:お電話でのお問い合わせ | BroadWiMAXお客様サポート

【口座振替で支払できるWiMAXの比較まとめ】3年間の合計料金と使えるまでの早さ

ということで、口座振替に対応しているWiMAX3社のここまでの「料金」と「WiMAXが使えるまでの早さ」での比較結果をまとめると以下のようになりました↓

口座振替可な
WiMAX比較
BIGLOBE WiMAX Broad WiMAX UQ WiMAX
3年間総支出 158,818円 167,977円 163,112円
月額平均 4,412円/月 4,666円/月 4,531円/月
WiMAXが届くまで 10日前後 10日前後 3日前後
即日店舗受取 即日店舗受取可能(渋谷/秋葉原)

なので、口座振替でWiMAXを使う場合意外と住み分けされており、

口座振替のWiMAX選びの結論

料金重視なら「BIGLOBE WiMAX」
早く使いたいなら「UQ WiMAX」
早く使いたい+店舗まで行けるなら「Broad WiMAX」

という結論になります。

口座振替でのWiMAX選びは、クレカ時と料金もWiMAX利用までの時間も大きく異なるので同じように注意しましょう。