5G対応!? スマモバの『The WiFi』はホントに”どスゴい”のか【料金や縛り5G対応詳細】

5G対応?-スマモバの『The-WiFi』はホントにどスゴいのか【料金や縛り5G対応詳細】
パートの合間に書いてます♪ シェアしてくれるとやる気が出ます↓

ねこ君

5G対応のポケットWiFiサービスが登場したって聞きました


りょう先生

最近頻繁にCMでみる加藤浩次さんが登場する「The WiFi」ですね。
 
極楽とんぼの加藤浩次さんの力士姿が男前でインパクトありますが、サービス内容的には「5G対応」や「全国15万か所以上のWiFiスポットが使える」など目を引きますね。


りょう先生

今回はThe WiFiがどんなWiFiサービスなのかを徹底解説していきます。

WiMAX中で月額料金最安のブロードWiMAX↓
BroadWiMAX

The WiFiのロゴ

長くなるのでまずは結論から。

The WiFiは「5G対応のWiFi!?」とかなりインパクトのあるCMですが、イメージキャラクターとして極楽とんぼの加藤浩次さんが力士の姿で登場しています。(男前やなぁ)

THE WiFi CM「THE WiFi マルチ+スポット篇」 | YouTube

THE WiFi CM「THE WiFi 始まる篇」| YouTube

「The WiFi」は2020年3月にサービスを開始し、以下の売り文言を前面に押し出しています↓

The WiFiの5つの長所

「The WiFi」のポイントをまとめると、

【The WiFiのポイント】
  • 2年契約&自動更新は無し
  • 違約金は2年以内なら9,800円(税別)で他社より若干安い(更新後25か月目以降は違約金なしになる)
  • 料金は月額3480円(税別)で変動なし(標準的な料金)
  • WiFi端末は「U2s」でクラウドSIMの3回線なので「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」などとほぼ同じ

と基本スペックは他社の「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」とほぼ同じサービスです。

ちなみに3月末に大手GMOのギガゴリWiFiでリニューアルした「ワールドプラン」ともほぼ同じです。

GMO『ギガゴリWiFi』の無制限ワールドプランはどこまで安い?料金と注意点

2020.03.31

そして目玉の「15万か所以上のWiFiスポット」と「5G対応」に関してなんですが、

「15万か所↑のWiFiスポット」 月額+362の上位プランで利用可能になる。というか「enonnect」サービスに加入しただけ。そもそも無制限WiFiが使えるのにWiFiスポットが必要になるケースはほぼないので不要。Liteプランでいい
「5G対応」 WiFi端末は別に5Gには対応しておらず、「24か月以上使うと切り替えると、切り替え手数料3000円が免除」という特典がつくのみ

と、正直なところ実用性はいまいちです。

特に目を引く「5G対応」は、「2年後以降に5Gサービスに対応した場合、切り替え手数料の3000円を免除する」だけです。

そもそも現状5Gインフラが整っておらず、WiFi端末も5G対応のものが存在しないので、3年後とか5年後に登場した場合の話ですし、メリットも3,000円の切り替え手数料が免除されるだけなので、ほとんどキャッチコピーとしてのみの特典になっているようです。

他に「縛りなし」や「最安値クラス」のWiFiサービスは多数あるので、わざわざThe WiFiを選ぶメリットは薄そうです。

【先にまとめ】

「The WiFi」は料金面では標準的。2年縛りあり。売り文句の「5G対応」はほぼメリット無しなので微妙かも

ということでここからは「The WiFi」のサービス内容の詳細を見ていきましょう↓

1.The WiFiの料金面:料金設定は標準的&2年契約&自動更新は無し

まずは最も重要と言ってもいい「The WiFi」の料金面からみていきます。

The WiFiの月額料金は3,480円+消費税となっており、よくある「最初だけ割引が効いて徐々に料金が高くなっていく」というのもなくずっと同じ料金です。

月額料金は3480円

2年契約&自動更新無しで2年以内の違約金は9800円(以降は縛りなし)

最近では契約期間の縛りなしの無制限WiFiサービスも登場していますが、The WiFiは「2年契約」のサービスとなっています。

ちなみに自動更新はないので、2年間使って放置すると解約となり良心的です。

Q.最低利用期間はありますか?また解約により解除料や違約金は発生しますか?
 
A.最低利用期間は24ヵ月間(自動更新なし)となります。
ご利用期間に応じて解約時に解約事務手数料が発生いたします。
 
1ヵ月目~24ヵ月目:解約事務手数料9,800円(税抜)
・25ヵ月目以降:0円
 
※経過期間はサービス提供開始月を起算月として算出いたします。
※ご解約時にレンタル機器をご返却いただけない場合や、ご返却いただいたレンタル機器に汚損がある場合は上記費用の他にレンタル機器損害賠償金12,000円(税抜)をご請求いたします。

また、違約金は契約期間の2年間のうちに解約すると9800円+消費税と他のサービスより若干安めで、25か月目以降も更新して使う場合、違約金は一切なくなるので「3年目から縛りなし」になる点も中々良いと思います。

The WiFiの料金設定は標準的!他のポケットWiFiサービスとの料金比較

ということで「The WiFi」の変動なしの月額3,480円という月額料金がどのくらい安いのか、他の2年契約+ギガ無制限のポケットWiFiサービスと比較してみましたよ↓


通信会社 契約年数 月容量 初期費用 月額プラン料金 期間中の合計支出
3年合計 2年合計 1年合計
NEXTモバイル 2年契約 無制限⇒終了 3,300円 3,410円/月 85,140円 (年平均:42,570円)
Mugen WiFi 2年契約 無制限 3,300円 3,608円/月 89,892円 (年平均:44,946円)
限界突破Wi-Fi 2年契約 無制限 0円 3,850円/月 92,400円 (年平均:46,200円)
ギガゴリWiFi
「ワールドプラン」
2年契約 無制限 3,300円 3,806円/月 94,644円 (年平均:47,322円)
The WiFi 2年契約 無制限 3,300円 3,828円/月 95,172円 (年平均:47,586円)
どんなときもwifi 2年契約 無制限 3,300円 3,828円/月 95,172円 (年平均:47,586円)
めっちゃWiFi 2年契約 無制限 3,300円 3,828円/月 95,172円 (年平均:47,586円)
よくばりWiFi 2年契約 無制限 4,180円 3,795円/月 95,260円 (年平均:47,630円)

※全部税込で表示

ということでサービス的には同じ2020年3月に登場したギガゴリWiFi「ワールドプラン」とほぼ同じですが、料金面では「どんなときもWiFi」と同じサービスとなっています。

単純に2年契約+ギガ無制限WiFiサービスとして考えると、他に安いサービスはいくらでもあるのでThe WiFiの料金的なメリットは特にありません。

【ポイント】

2料金的には他サービスと比較しても標準的

ちなみにWiFi端末は「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」などと同じ「U2s」ですね。「FS030W」と比べてもバッテリーの持ちが◎

The WIFiの端末は「U2s」でレンタル形式

このWiFi端末代はかかりませんが「レンタル」という扱いなので、解約時には返却が必要になる点は他のWiFiサービス同様に注意が必要です。

2.The WiFiの特長「全国15万か所以上のWiFiスポット」は需要はそんなにないかも

15万か所以上のWiFiスポットも利用可能

上記で説明した「月額3,480円+消費税」という料金はlite版の「The WIFi lite」というプランの料金となっており、それの上位プランである「The WiFi」も存在します。

上位プランは月額料金が362円高い「3,842円+消費税」となり、「全国15万か所以上あるWiFiスポットが利用可能」という特典が付きます。(最初の3か月はLiteと同じ料金で使える)

The WiFiの2つのプラン「The WiFi」と「The WiFiライト」

この「+362円で、15万か所以上のWiFiスポットが使える」というのは、「econnect」のサービスなんですね。

econnectサービス概要

「econnect(エコネクト)」とは月額398円(スタンダードプラン)で「Wi2」「mobilepoint」といった全国15万か所以上あるWiFiスポットが利用可能なサービスです↓

参考:econnect公式ページ

つまりこれはThe WIFiのサービスというよりは、通常の「The WiFi lite」とeconnectを同時に加入している状態と同じです。(3か月間はeconnectの料金が無料になるのが特典)

そもそも「無制限で3キャリアのエリアで使えるのに、WiFiスポットが使える意味があるのか」という根本的な疑問もありますし、わざわざ「The WiFi」に加入して使わなくても、15万か所以上のWiFiスポットなら別で「econnect」に加入して使っても料金的も同じです。

【ポイント】

15万か所以上のWiFiスポットは別途「econnect」に加入して使うのとほぼ変わらない

3.The WiFiの特長「5Gアップグレードプログラム対応」は2年以上先に対応”したら”3千円安く切り替えられるだけ…

5Gアップグレードプログラム対応予定

多くの人にとって、The WiFiの広告で最も注目したのが、「5G対応」の文言ではないでしょうか。

2020年以降大手3キャリアでは「5G回線」のサービスをリリースする今”5G”は今最もHOTな要素と言っても過言ではないでしょう。

そんな中「5G対応」と言われたら、「もう5Gに対応したポケットWiFiサービス登場したのか!」と注目するのは当然ですよね。

しかし残念ながら、The WiFiの「5G対応」の内容は以下のように「利用開始から2年以上経過していて、その時に5Gサービスに対応したら、その時は5Gサービスへの切り替え手数料の3,000円を免除するよ」という内容です…

以下はThe WiFi公式ページに記載された注釈です↓

当社にて5G対応の環境が整い次第、THE WiFiを24か月以上ご利用のお客様を対象に、5G対応端末への機種変更時の切り替え手数料の3,000円(税抜)を免除いたします。5Gアップグレードプログラムの開始時期や申し込み方法等については、プログラム内容が確定次第、当社ウェブサイトにてご連絡させていただきます。

そもそもThe WiFiでレンタルとなるWiFi端末「U2s」は5G対応端末ではないですし、今のところ5G対応機は存在しないですからね。

また、国内の5Gの環境インフラもまだまだ整っておらず、5G利用が実用的なライン(エリアカバー率95%以上くらい)まで整うのは2025年以降にはなるでしょう。

そして利用条件「2年以上の継続利用」に対しての特典が「初期手数料3,000円免除」なだけなので、なんというか申し訳ないのですが魅力を感じません。

【ポイント】

5Gサービスには現状対応していない
&2年後以降に対応した場合、手数料の3千円分安くなるだけ

ちなみに、この「The WiFi」の運営会社「スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社」さんは、スマモバという名前の格安SIMのサービスも提供しており定評がありますし、他にも「めっちゃWiFi」というサービスをやっています。

サービス面でも既存の「めっちゃWiFi」に「エコネクト」をくっつけただけな感じが否めませんね。

CMのインパクトほど特長がなく、「料金面」でも「契約の縛り面」でも優位性がないので、正直なところ現状では微妙かな…と。

以下のページでギガ無制限のポケットWiFiサービスの料金比較もしているので、探してみるといいと思いますよ↓

1,2年契約の最安はここ!ギガ無制限のポケットWiFiの料金徹底比較【2020年版】

2020.03.11